なぜ歯医者の治療はいっぺんにやらないのか?

歯を磨く女性

虫歯治療が複数回に渡る理由と治療期間の目安

なぜ、虫歯治療には時間がかかるのか?

下の図のように虫歯は左の軽度から右の重度までいくつかの段階を経て進行していきます。虫歯は細菌による感染症ですので、感染の進行を止めるために基本的には細菌が侵入した歯質を削り取る必要があります。そのため虫歯の大小によって治療時間が変わることはご理解いただけると思います。

虫歯の進行
また大雑把に虫歯を削れれば時間的には効率的ではありますが、健康な歯質まで削ってしまう恐れがあります。健康な歯と虫歯は色合いが違うものばかりではないため、できるだけ歯質を削らないで残そうとすると細かく削っては虫歯だけが染まる薬品で残った虫歯を見ては再度虫歯だけ削ることの繰り返しになるためどうしても時間がかかってしまいます。何を優先するのかの問題です。

さらに虫歯の大小以外にも感染が歯質に限局しているのか、歯の神経にまで感染が及んでいるのかなど上の図のように虫歯の進行程度によっても治療内容が全く変わるため治療時間も異ります。
このため1回の治療であっという間に終われる小さな虫歯から毎週来院されても一月以上かかる大きな虫歯まで状況によって治療に要する時間と回数は様々です。

皆さん色々とご都合もあり忙しい中通院をせざるを得ないとは思いますが、歯の都合もその中に入れていただければ幸いです。今までもそうであったように、これからもこの歯のお世話になる人生が続くのですから。

どうして治療回数が多くかかるのか?

虫歯の程度による治療回数の違いを先ほどお話ししましたが、同じ大きさの虫歯でも治療方法によっても回数は変わってきます。小さな虫歯であれば歯を削った穴にプラスチックをつめれば1回の治療で終われますが、歯型を取って作ったものをその穴に詰める治療法では型取りと詰める日の2回のご来院と外部の技工士さんが作る時間が1週間程度かかります。
プラスチックが回数面では有利ですが、強度が弱いため歯の状況によっては歯型を取る治療法をお勧めすることがあります。何を優先するかによっても回数は変わってきます。
お互いに回数が少ない方が治療中という不便さやトラブルの頻度は少なくなります。しかし回数は増えたとしても、歯の経過を見たり、仮歯でしばらく使って噛み合わせの調和を観察したりすることも症例によっては必要だと私は考えています。

なぜ、いっぺんに治療しないのか?

一度に多くの歯の虫歯治療を行うと治療時間はその分長くなります。また丁寧に治療すればするほど、また慎重に細かな治療をするほど時間がかかります。
それは口を開けている時間が長くなることで、顎への負担やかみ合わせに狂いが出やすくなる可能性、麻酔が必要な治療ではしびれている範囲内しかできないことなどがあり、いくらでも多く治療するという訳にもいかないのです。
このように一度に治療できる範囲があるため、虫歯が多い場合や、治療内容が異なる虫歯がある場合には回数がかかることをご理解ください。

虫歯治療にかかる時間の目安

軽度の虫歯

ごく初期の虫歯は自然回復や進行しないこともあるため、フッ素塗布や日々の清掃による経過観察を行います。軽度の虫歯

しかし歯の表層のエナメル質が虫歯で破壊された状態の軽度の虫歯は、回復しないため治療の対象になります。
軽度の虫歯はレントゲン写真では判別が難しいため、この治療が必要か否かの判断は一般的に歯科医の経験と触知によって行われています。

直接かみ合わせに関与しない場所であれば、軽度の虫歯は虫歯の範囲が狭く浅いため、虫歯を除去して開いた穴に歯の色と似たプラスチックを詰めて20分前後の治療1回で終われます。エナメル質には知覚がないため大半が麻酔も必要なく痛みのない治療が可能です。

ご説明の都合上、教科書的に軽度と中度の虫歯に分けてお話ししておりますが、軽度と中度の初期を臨床上分ける意味はありません。治療が必要なことは同じですし、治療内容も同じだからです。歯の一部が軽度で同じ歯のその1mm隣が中度の初期の虫歯であることも日常的です。

歯には髪の毛程度の細い溝がいくつもあるのが普通です。明らかに虫歯と判断できるものはいいのですが、見た目は針の穴のような極小さな凹みや細い溝に色素が入って黒く見えても虫歯でないことがある反面、きれいな歯の色をしていてもそれらが虫歯の入り口であることがあります。熟練の歯科医でも時に騙されることがあります。
このように見た目ではなかなか判断がつきづらい時には、当院ではレーザー光に対する虫歯の蛍光反射を利用したレーザー虫歯検査機器を用いています。虫歯を見逃すことや必要もない歯を削ることを避け確実に虫歯と診断されたものだけを治療しています。

中度の虫歯

中度の虫歯虫歯が歯の表層のエナメル質を突破し、その下の象牙質にまで達した状態です。症状などは先月コラム「虫歯を放置するとどうなってしまうのか?悪化した場合に起きることと治療法」をご覧ください。
先ほど治療時間の項目でお話しした、虫歯だけが染まる薬品を使って削り過ぎることなく丁寧に虫歯を取っていきます。削っては染め、また削っては染めてを繰り返し、虫歯がなくなって染まらなくなるまで行います。虫歯部分を除去する際にお痛みが出ることがありますが、麻酔をすれば無痛で治療ができますのでご安心ください。

治療で歯から虫歯はなくなりましたが、歯の内部に穴が開いた状態です。このままだと内部の歯質(象牙質)はすぐにお口の中の細菌に感染してしまうため、穴を人工的なもので埋めて感染を予防すると同時に再度噛めるようにする必要があります。
しかし詰め物と歯の間に隙間があるとそこから細菌の侵入を許し、感染に弱い象牙質がまた虫歯になってしまいます。銀歯で治療した歯がまた虫歯になりやすい大半の原因です。これが歯科医が詰め物と歯がピッタリ適合する精度にこだわる理由です。
人工的な詰め物にはプラスチックや金属、セラミックなどがあり、それぞれの特徴があります。詰め物の詳細は「虫歯治療」をご覧ください。

前歯など噛む力が直接当たらない場所の虫歯は、大きさにもよりますがプラスチックで十分でしょう。治療時間も30分程度で1回の治療で終われます。
しかし噛む力が当たる場所は、最大で60kgにもなる噛む力を1回の食事で数百回×1日3回×年間365日×何年?も耐えられる材質でなければなりません。そのためプラスチックは不向きで金属やセラミックが適しています。それらは虫歯を削って開いた穴を型取りして模型を起こし、その模型上で詰め物を作製(作製に1週間程度)し、出来上がった詰め物を歯にセメントでつけるという治療の流れになります。そのため治療時間は1回30~60分程度で、来院回数は2~3回必要になります。

重度の虫歯

重度の虫歯

虫歯が歯の表層のエナメル質を突破し、さらにその下の象牙質をも突破し、虫歯が歯の内部の神経にまで達した状態です。症状などは先月コラム「虫歯を放置するとどうなってしまうのか?悪化した場合に起きることと治療法」をご覧ください。

神経組織は感染に弱く一度感染すると治療しても元には戻らないため、それ以上の感染の進行を止めるために感染してしまった神経組織を取り除く必要があります。この治療を根管治療と呼びます。
根管治療は歯に小さく開けた穴から髪の毛のような細い器具を差し込んで歯の内部の治療を行います。しかし我々歯科医は眼で患部を直接見ることができず、レントゲン写真や電気的な根の測定器、手の感触で想像しながらの治療を行っています。

 

根管形態地面から雑草を引き抜くと太い根の周りにひげのような細い根が無数についているのをご覧になったことがあると思います。歯の内部の神経もこれと同じように太い神経の周囲にいくつもの細い神経の分岐があり、その部分にまで細菌の感染があります。
写真(歯の標本)の黒く見える細い線も全て神経の分岐です。いかに複雑で網の目のようにつながっていることがお分かりいただけると思います。
太い神経といっても根の先での太さが0.25mm位(髪の毛の太さが約0.1mm)ですので分岐した細い神経は髪の毛より細く、また分岐した角度によっては治療する器具を入れることができません。
さらに細菌は神経周囲の象牙質まで侵入していますので、神経を取り除いただけでなく周囲の感染した象牙質も取り除く必要があります。

このように細かな、また複雑な治療であるため、丁寧に治療すればどうしても時間がかかります。そして直接器具が入らない場所の感染は、薬剤が染み渡って細菌が死滅する日数が必要です。こうした理由から治療には時間と回数がかかること、また逆に手早くすれば細菌が残り再発のリスクがあることをご理解ください。神経の位置や細さ、曲がり具合、歯質の硬さなどで治療時間は歯によって様々ですが、おおよそ1回の治療が30分程度で、数回の来院が必要です。

根管治療が終了すると、強度が落ちた歯の補強のため歯の内部に土台(コア)を入れ、その上から人工の被せ物を被せる形に歯を仕上げ、歯の型取りを経て被せ物を作製(作製に1~2週間)しセメントでくっつけてすべての治療が終了する流れになります。

根管治療の限界

重度の虫歯C4
虫歯の進行が極めて大きい場合や根管治療で細菌の感染が収まらない場合には、残念ながら歯を抜いてでも感染の拡大を止めなくてはなりません。
あごの骨まで失いたくないためです。

歯を失った場合はそのまま放置しておくと歯が移動して、また残った歯の負担が増えて残った歯の寿命が短くなりますので、入れ歯ブリッジインプラントなどでかみ合わせを維持すると同時に、噛む機能回復、審美的回復を行うことをお勧めいたします。人の体には無用なものは一つもありませんので、これから先のことを考えて無理をさせず、本来あるべきものは補って上げることが大切です。

治療回数を減らすために患者さまができる2つのこと

1)ご予約をお守りいただくこと

根管治療で歯の内部に細菌を死滅させる薬を入れる場合や、虫歯治療の時に歯型を取って次回に詰め物や被せ物を入れる場合、抜歯をして傷が治るのを待つ場合など、医療上次の治療に最適な日数を開けてご予約をお取りするようにしています。
しかし間隔が開き過ぎると薬の効果がなくなり細菌の増殖を招いたり、詰め物や被せ物が入っていない、または歯を抜いた状態の期間が長いと歯が移動して噛み合わせが悪くなり歯の寿命を短くすることがあります。

こうしたことが起こると治療が進まず、治療回数が多くなったりさらに歯を削らざるを得なかったりと、いいことが一つもありません。理由があっての次回の日程ですから、ご予約をお守り頂くことで治療回数を最小限にすることができます。
またご予約時間に遅れてお越しになられると、次の患者さまとのお約束時間の都合上、予定の治療が全て終われず来院回数が増えることになります。

歯の治療以外にも色々とご予定がおありのことと存じます。多少の前後であれば早めにご連絡いただければ予約の空いている日時を早く押さえることもできます。
ご都合がありお忙しいでしょうが、歯の都合もその中に入れていただければ回数を減らすことができます。

2)定期検診とメンテナンスの習慣

一旦虫歯になってしまうと、日々の生活の中から治療で多くの時間と日数を奪われることがご理解いただけたと思います。その上に治療をしたとしても元通りの歯を取り戻せたのではなく、あくまでも修理の一環です。治療をした分だけ歯が弱くなるとお考えいただいてもいいでしょう。

症状が出るほど虫歯が悪くなるのを待つのではなく、まだご自分では気づけない虫歯が小さいうちに早期に進行を止める定期的な歯科検診をお勧めします。早く気づけば歯のダメージが少ないだけでなく、治療も簡単ですむため回数も最小限ですみます。
またそもそも虫歯にならなければ治療が必要なくなるため、治療回数が0になります。それを実現するのがメンテナンスです。定期的な歯と歯ぐきのクリーニングとお考え下さい。

いつかやろうと思ったことは得てして実行できないことが多いものです。お誕生日やお正月、夏休みなどと同じように、定期検診とメンテナンスを年間のスケジュールに組み込む習慣をつけられると苦も無く継続できて、歯と歯茎の健康を守り続けていくことができます。
来院回数と費用も最小限になることが欧米の研究から明らかになっていますので、ぜひご利用ください。

私と虫歯治療

これまで虫歯治療についてお話ししてきましたが、いろいろな不具合がつきまとうことがご理解いただけたでしょうか。歯を失くしてみればそのありがたさと価値にお気づきになられることと思いますが、そうなってしまってからでは遅い、何とかその価値を今目の前の人にわかっていただきたい、でも現実はそれがなかなか難しい、私の歯科医人生はそのジレンマと共にあるようです。

口元私は自然に対して畏怖の念を持っています。人類が最先端の科学をもってしてもそれと同じものを作り上げることができないからです。
「どうだ、すごいだろう」と最先端の歯科治療をひけらかしてみたところで、きんとん雲に乗った孫悟空がはしゃいでもお釈迦様の掌の上だったような気がするのです。
もっとよくできないかと大学卒業後もいろいろな処へ顔を出し研鑽を積んできたつもりではありますが、それは逆に限界を知ることでもありました。歯1本のすばらしさ、かけがえのない価値、今でも少しでも近づこうとしてはいますが、これからもそれを超えることはないのではと思えます。

だから自然を守るのと同じように、親からもらった歯を大切にする、医療の介入は最小限に留め、できるだけ歯を削らず、歯の神経も極力残す、可能な限り歯を抜かないという診療スタイルにつながっているような気がします。
こうした思いが「病気にならない・病気が強くならないうちにやっつけてしまいたい」と長年歯科検診やメンテナンスなどに取り組ませてきました。当院のポリシー「自分が受けたい治療を実践したい」にもつながっているのではと思っています。

関連記事

  1. 口臭2

    虫歯と口臭の関係性とは?

  2. 歯周病イメージ

    歯周病とは?原因から危険性・歯磨き方法・メンテナンスまでを一…

  3. 虫歯を放置するとどうなってしまうのか?悪化した場合に起きるこ…

  4. 歯周病

    歯周病の正しい知識

  5. 歯みがき

    上手な歯みがき方法とは?虫歯・歯周病から身を守るために何が必…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP