歯周病の検査はどのようなものかご存知ですか?

歯周病検査

当院の歯周病の検査について

歯を失う原因には大きく分けて「むし歯」と「歯周病」の二種類があります。
検診の時に、歯科医師は実際に目で見て、あるいはレントゲンや機械を用いて、「むし歯」を発見します。
当院ではその後必ず歯科衛生士が歯周病の検査をしていきます。
歯周病の検査とは、具体的には、1mm、2㎜、とメモリのついた細い器具を用いて、一歯につき6カ所、歯の周りのポケットの深さを測っていきます。このような6点法による検査方法を定期的にやっている歯科医院は多くないかもしれません。
患者様にも時々「また検査?」と言われてしまうこともあるのですが、サイレントディジーズ(静かなる病気)と表現されるように、自覚症状がなく進んでいく歯周病を初期の段階で食い止めるにはとても必要な検査なのです。

歯科衛生士 鮎沢

関連記事

  1. ソニッケア

    電動歯ブラシの種類によって使い方が違います。正しく使って効果…

  2. ソニケア症例発表

    ソニッケアー音波ハブラシの症例発表をしました

  3. 歯科衛生士の仕事

    当院の歯科衛生士の仕事とは

  4. デンタルケア用品

    歯間ブラシとデンタルフロスの使い方に違いがあることをご存知で…

  5. 在宅医療ネットワークが贈るシンポジウムに参加して

    『誰もが幸せに暮らせる「ソーシャルインクルージョン」って何だ…

  6. 糖尿病セミナー

    早死にの原因は、食生活!怖い生活習慣病!歯の健康との関わりに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP