当院の歯科全般の考え方

私たちは「歯の存在を忘れる位快適であること」、「その状態が長く続くこと」が理想だと考えています。
そのために歯科医院を「歯が悪くなったから仕方なく行く所」ではなく、
「楽しい食生活を送るために歯の健康を維持する目的で訪れる場所」にしていただきたいのです。
次の表はスウェーデン、アメリカ、日本における80歳で残っている歯の本数です。

80歳で残っている歯の本数 定期検診の受診率
スウェーデン 25本 90%
アメリカ 17本 80%
日本 9本 2%

スウェーデンでは28本の内25本が80歳で残っているのに対して、日本ではわずか9本しか残っていません。
自分の歯で最低限噛める本数が20本といわれていますから、スウェーデンではほとんどの人が一生自分の歯でおいしく食事をしている半面、日本では入れ歯のお世話にならないと食事ができない状況です。
身体にいいと世界中で和食ブームであるにも関わらずこの結果はどうしてなのでしょうか。
原因と考えられている一つが、表の右端の定期検診の受診率です。
受診率と残っている歯の本数がアメリカも加味しても正の相関をしています。

欧米では歯科の受診目的は予防が中心で治療は数割とごく一部になっています。
その意味でも、また残っている歯の本数でも、日本は残念ながらまだ歯科後進国です。
早くから予防に取り組んでいる当院でも残念ながら予防での受診率は数割にとどまっています。

できることなら入れ歯でなく自分の歯でおいしく食べたいものです。
入れ歯をお使いの方にはおわかりでしょうが、入れ歯は自分の歯ほど噛めないだけでなく、味覚も、噛み応えも全く違うものです。
ご自分の歯で不便なく食事するためには20本以上の歯が必要と先ほどお話ししましたように、歯を失わないことが人生の最後まで残る快楽である「食欲」を放棄しない唯一の方法なのです。
予防の大切さがお分かりいただけたでしょうか。

実はこの表は一時代前のもので、欧米では定期検診より一歩先に進んでメンテナンスの時代に入っています。
定期検診とメンテナンスの違いについてはこの後お話ししたいと思います。

ご縁があって当院にお越しになられた方々には是非、歯科検診やメンテナンスで末永くご自分の歯と一緒に人生をお送りいただきたいと思います。


手遅れにならない歯科検診

歯を失う2大原因である虫歯と歯周病、どちらも初期は無症状のため気づくのが遅れてしまいます。
これを防ぐのが定期的な歯科検診です。
早期発見・早期治療は気づくまで放置した場合に比べて歯のダメージが少なく、歯の寿命の延長や治療時間と期間の短縮、生涯治療費の軽減にもなることが実証されています。


歯科検診とは

パノラマレントゲン画像虫歯のチェック、歯周病検査、かみ合わせ検査、レントゲン検査などをその方の必要性に照らし合わせて行います。
通常は6ヵ月間隔で定期的な受診をお勧めしておりますが、虫歯の進行が速い方や歯周病の問題を抱えておられる方など、その方の状況によってお勧めする頻度は変わってきます。健康保険が適用されます。


歯を守るメンテナンス

歯のクリーニング歯の病気にかかれば、時間や手間も取られ、治療費もかかります。
さらに歯は元通りには治らないのですからいいことが一つもありません。
病気にならない方が得なのです。

普段毎日歯のお手入れをされていても、得てして自己流になりがちです。
いつもきれいな場所といつも汚れが残ってしまう場所が出てしまいます。
そこでお勧めするのが、お口の掃除のプロである歯科衛生士による徹底的なクリーニングであるメンテナンスです。

ご自分では口の中は直接見えないため感覚的にお掃除を行うことになりますが、第三者が暗い口の中をライトを照らして汚れを直接目で確認し、専用の器具や材料で30分~90分間かけて徹底的にクリーニングするのとでは結果が違って当然です。
メンテナンスのコースによっては同時に歯の着色も取って白い歯を取り戻すこともできます。


メンテナンスの流れ(メンテナンスSの場合)

STEP1:クリーニング

歯の周囲の汚れを取るクリーニングです。
普段、ご自身の歯磨きで届きにくいような所までしっかりクリーニングします。
最後に歯の表面を専用の器具できれいに磨いて汚れが付きにくくします。


STEP2:PMTC

専門の訓練を受けたプロの歯科衛生士による歯の徹底的なクリーニングです。
歯の表面にこびりついた汚れやプラークを虫歯菌や歯周病菌もろとも根こそぎ除去します。
普段のお掃除では不十分になりがちな場所まで時間をかけて丁寧に行いますので、虫歯や歯周病の予防に大変効果的です。
歯の表面についた茶渋やヤニなどの着色も専用の器具できれいに除去します。
最後に歯の表面を傷つけずにピカピカに磨き上げて汚れが付きにくくします。


STEP3:インプラント洗浄(インプラントがある場合のみ)

インプラント周囲の超音波洗浄と除菌を行います。
普段の清掃が届きにくい場所まで超音波の振動と水流で洗浄しながら、薬液で除菌も同時に行うことでインプラントの感染を予防します。
汚れたインプラントは身体に異物と認識されて寿命が短くなる可能性がありますので大変重要です。


STEP4:トリートメントケア

傷ついた歯の表面を特殊な薬剤で修復しますので、歯がツルツルになります。
自然な白さが維持できます。


STEP5:歯肉マッサージ

専用ジェルで歯茎をマッサージすることで歯茎の血行をよくします。
結構気持ちがいいため、ファンになられる方が多いマッサージです。


メンテナンスの種類

メンテナンスE メンテナンスR メンテナンスS
クリーニング
PMTC(着色除去含) ×
インプラント洗浄
トリートメントケア
歯肉マッサージ
処置時間 30分 60分 90分
治療費 ¥4,200 ¥8,400 ¥12,600

歯科検診とメンテナンスの違い

歯を守る目的は共通していますが、視点が違います。
歯科検診は早期発見により最小限の治療ですませる「治療」目線ですが、
メンテナンスは治療が必要な状況にならないように健康を維持する「予防」目線です。
どちらか一方が欠けても歯を守る力が減少しますので、並行して受診されることをお勧めいたします。

ご面倒にお感じになられるかもしれませんが、冒頭にお話ししたようにこうした方が長い目で見れば歳を取っても歯が残り、豊かな食生活を送ることができて、時間的・経済的支出が少ないことが実証されていますので圧倒的に得なのです。
継続することが大切なのですが、やろうと思っていてもいつの間にか日々が過ぎてしまいます。
お誕生日や夏休みなどと同じように、年間のスケジュールに組み込まれると苦も無く継続することができます。
ご希望の方にはこちらからその時期になればご案内させていただきますので、受付や担当衛生士までお申し出ください。
私たちと一緒に大切な歯を守っていきましょう。

PAGE TOP