電動歯ブラシの種類によって使い方が違います。正しく使って効果的な歯みがきを

ソニッケア

先日、PHILIPS(フィリップス)社の方にお越しいただき、電動歯ブラシについて色々教えていただきました。
フィリップス社のソニッケアーという電動ブラシは、よく歯科医院で推奨されており、日本の歯科医・歯科衛生士の使用率も8年連続No.1だそうです。

電動歯ブラシには、振動数によって3つのタイプに分けられます。
①普通の電動歯ブラシ 14Hz(ヘルツ)未満
②音波ブラシ     14Hz~2万Hz
③超音波ブラシ    2万Hz以上

注意が必要なのは、①普通の電動歯ブラシは振動数が小さすぎるため、また、③超音波ブラシは振動数が大きすぎるために、普通の歯ブラシのようにゴシゴシ動かさないといけないということです。
それに対し②音波ブラシは程よい振動数で動いてくれるので、そっと当てるだけでプラークを除去できます。

音波ブラシの振動数も上記のように大きな幅がありますが、フィリップス社のソニッケアーはより効率良くプラークを落とせる振動数に設計されているそうです。
ブラシの形態も様々な物があって、患者様のお口の中の状態やニーズに合わせたものをお使い頂けるテーラーメイド型の音波ブラシです。
一通り説明を受けたあと実際に使用してみたのですが、なかなか磨きにくい前歯の裏側や奥歯が短時間でツルッツルになってびっくりしました!
ソニッケアーについてご質問等あれば、お気軽にご相談ください!

歯科衛生士 鮎澤

関連記事

  1. ソニケア症例発表

    ソニッケアー音波ハブラシの症例発表をしました

  2. 歯科衛生士の仕事

    当院の歯科衛生士の仕事とは

  3. 糖尿病セミナー

    早死にの原因は、食生活!怖い生活習慣病!歯の健康との関わりに…

  4. 在宅医療ネットワークが贈るシンポジウムに参加して

    『誰もが幸せに暮らせる「ソーシャルインクルージョン」って何だ…

  5. 歯周病検査

    歯周病の検査はどのようなものかご存知ですか?

  6. デンタルケア用品

    歯間ブラシとデンタルフロスの使い方に違いがあることをご存知で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP