歯間ブラシとデンタルフロスの使い方に違いがあることをご存知でしょうか?

デンタルケア用品

歯間ブラシとデンタルフロスの使い分けについて

プラークの正体をご存知でしょうか?
プラーク(正式名称はデンタルプラーク)というのは虫歯菌や歯周病菌などの細菌と、それらの細菌の代謝物によって構成されている黄白色のネバネバのことで、むし歯や歯周病、口臭などの原因となります。ネバネバとしているので、プラークの上にはさらにプラークが付きやすく、放っておくとどんどん増えていきます。

前回に「歯ブラシだけではプラークは約60%しか取れない」ということを書きました。そこで、より多くのプラークを取り除くために、歯間ブラシとデンタルフロスを使うことが必要になってきます。歯間ブラシは歯と歯の隙間が開いているところに使用します。サイズが4S~2Lまであり、スカスカ通るものよりも両脇の歯をこすられている感じがするものを選んでください。入らないところに無理やり入れたり、サイズの大きすぎるものを使ったりすると、歯茎が下がってしまう原因になるので、ご相談いただくのが一番だと思います。

フロスは、歯と歯がぴったりくっついているところに使います。柄つきの「糸ようじ」と呼ばれるものが売っていますが、おすすめは切って使うタイプのものです。歯間ブラシもフロスも間違った方法で使うと歯茎を傷つけてしまう原因になるので、使い方はいつでもご相談ください(^o^)

歯科衛生士 石田

関連記事

  1. 歯周病検査

    歯周病の検査はどのようなものかご存知ですか?

  2. ソニッケア

    電動歯ブラシの種類によって使い方が違います。正しく使って効果…

  3. 歯茎からの出血

    歯みがき時に出血する方必見!どうして?どうすればいいの?にお…

  4. ソニケア症例発表

    ソニッケアー音波ハブラシの症例発表をしました

  5. 歯科衛生士の仕事

    当院の歯科衛生士の仕事とは

  6. 糖尿病セミナー

    早死にの原因は、食生活!怖い生活習慣病!歯の健康との関わりに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP