歯のクリーニング

歯のクリーニングが必要な理由

歯のクリーニングとは、歯に付着した歯垢・歯石・着色を取り除くためのお掃除のことです。健康維持が目的です。歯垢は歯磨きで落とすことができますが、磨き残しなどで2〜3日ほど放置すると歯石に変化します。歯石は歯磨きだけで落とすことはできません。そのため、歯医者さんで歯石をとってもらう必要があります。

さらにクリーニング後に歯の表面を専用の器具・器材でピカピカに磨くことで汚れが付きにくくなり、病気の予防にも有効です。きれいな歯を取り戻し、虫歯や歯周病などの予防に役立つのが歯のクリーニングなのです。

歯のクリーニングによるメリット

歯のクリーニングによる主なメリットは、歯の病気を未然に防ぐことができる点です。虫歯や歯周病になる原因は歯石にいる細菌感染によるものだからです。また、口臭の改善・予防にも効果があります。歯石に付着した細菌が発生するガスによって口臭が発生するので、定期的に歯のクリーニングをされることはお口のエチケットになります。ただし、口臭の原因は口腔内にだけあるとは限らず、内科的な疾患によるものや生理的要因による口臭がありますので、ご自分の健康状態を正しく把握されることが大事だと言えます。他にも、歯石や歯の着色汚れを取り除くことで本来の歯の色を取り戻すことができるので、歯の見た目がきれいになります。

PMTCとは

当院では、保険内で行うクリーニング(スケーリング、ルートプレーニング)と、自由診療で行うPMTCの2つのクリーニングがあります。

歯石除去を主とした保険内で行うクリーニングに対して、PMTCは専門の訓練を受けたプロによる徹底的な歯のお掃除のことで、当院ではメンテナンスと呼んでいます。
歯や歯茎を傷つけない専用の器械を使用して、ご自身では落としきれない汚れや歯垢、虫歯菌や歯周病菌を根こそぎ取り除きます。歯の表面をツルツルに磨くことで歯垢がつきにくくなりますので、虫歯や歯周病になりにくくなるというメリットがあります。歯の病気の予防、そして健康できれいな歯を維持するためには2つのクリーニングどちらも必要だと考えています。

歯のクリーニングの頻度

どれだけしっかり歯磨きをされていても、着色や汚れはどうしても付着してしまいます。保険のクリーニングは定期検診の時に、PMTCはメインテナンスの時に、どちらも半年に一回はお受けになることをお勧めします。担当する衛生士を原則固定してその方の状況を把握するように努めておりますので、定期的にお受けになられる場合はその方にあったタイミングをお勧めしております。

新着FAQ

  • FAQはまだありません